読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

ウンコが大きな人はご陽気で自殺率が低い??世界のウンコの話

スポンサーリンク

人体に棲息する寄生虫の卵は、

人間のウンコに出てきます。

f:id:go-tokita:20160411155330j:plain

以前は世界の人たちが

どのような寄生虫に

感染しているかを調べるために、

わざわざその国に出向いて

ウンコを集めるしか方法がなかったのです。


ところが、

途上国ではきれいなトイレで用を足す習慣がなく、

川で用を足してそのまま流してしまう国もありました。


そこへ、

「ウンコをくれ!」

と一般の人々に交渉するところから

始めなければならないので、

大変苦労したそうです。


パプアニューギニアでは

異性にウンコをしているところを見られたら、

その異性とセックスをする慣習があります。

f:id:go-tokita:20160411155417j:plain


おかげで、

ウンコを採取した女性に

追いかけられたことがあります。


途上国を中心に約70力国、

10万個ものウンコを観察してわかったのは、

世界中の人はいろいろな寄生虫に感染していて、

ウンコの大きさも国によって異なるという事実。

f:id:go-tokita:20160411155451j:plain
ウンコが大きいと腸内細菌の数も多く、

腸内環境も良好というわけです。


パプアニューギニアの人々のウンコは

1日700グラムとものすごく大きいものでした。

 


メキシコの人たちもかなりの大きさで、

中南米の国々は総じて大きなサイズでした。

f:id:go-tokita:20160411155650j:plain


ウンコの大きさは、

その国の人たちの免疫力の指標になるのです。


ウンコの大きさと自殺率に相関関係があることもわかりました。


大きなウンコをする人が多い国は自殺率が低く、

小さなウンコをする人が多い国は自殺率が高い。


現在の日本のように、

自殺率が高い国の人のウンコは小さく、

食物繊維の摂取量も少ないというわけです。


逆にウンコの大きいメキシコは、

食物繊維の摂取量も多い。

 

ちなみにWHOの2009年の統計によると、

106カ国中、

日本は自殺率が5位、

メキシコは78位でした。


メキシコの人たちは陽気な性質で知られていますから、

納得の順位です。

f:id:go-tokita:20160411155730j:plain


人間が幸せや愛情を感じるのは、

セロトニンやドーパミンといった

脳内神経伝達物質が分泌されているためです。

 

これらの物質のもとは腸内細菌によって合成されています。

f:id:go-tokita:20160411155815g:plain

陽気に大きなウンコをして、気楽に生きましょう。