読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

コレステロールのウソとホント。悪者なのかコレステロールは?

スポンサーリンク

なぜコレステロールが悪者になったのか

中年以降、

コレステロール値が高いと

気にしはじめる方は多いと思います。

 

コレステロール値が高いと、

動脈硬化を起こしやすくなるという

心配からです。

 


つまり、

血管障害を起こしやすくなる

というわけです。

 

f:id:go-tokita:20160531183838j:plain


それがみなさんの常識だと思いますが、

その根拠はというと、

はなはだあやしいのです。

 


コレステロールが悪者にされたのは、

そもそもは、

だいぶ昔の1913年の

ロシアの病理学者

ニコライ・アニチコワによる実験からです。

 


ウサギに大量のコレステロールを投与して、

コレステロールが沈着して

動脈硬化か起こったのです。

 


その結果、

「コレステロールが動脈硬化の原因」

と発表しました。

 


なぜ問題かといえば、

草食動物のウサギは、

もともとコレステロールを多く含む

肉類や魚類などは食べません。

 

f:id:go-tokita:20160531183914j:plain


それを無理に、

しかも腐って酸化した

コレステロールを食べさせたのです。

 


人間はウサギと違って、

コレステロールを多く含むものを食べても、

恒常性を保つ調節機能があり、

健康であればコレステロール量は

一定に保たれています。

 


また、私たちが普通に食事で摂っているのは、

酸化したコレステロールではありません。

 


つまり、

このウサギのデータを

人間にあてはめることに問題があったのです。

 


もう一つは、

1970年代にアメリカの

ヘグステッドという学者たちが、

「食品中のコレステロールが100mg増加すると、

血液中のコレステロールが6mg/dl上がる」

という有名な

「ヘグステッドの式」を提唱しました。

 


これが長いこと、

各国で採用されていたのです。

 


その後

これは個人差か大きくて変化しない人が多く

この式が成り立たないことがわかってきました。

 

 


ところが、

いまだにコレステロールは

悪役というイメージが強く、

多くの人たちがそう思い込んでいるのです。

 f:id:go-tokita:20160531184004j:plain


私たちはコレステロールを

食事で摂り入れていると思うかもしれませんが、

コレステロールの2/3は体内でつくられます。

 


コレステロールは肝臓をはじめ、

体内のさまざまな臓器でつくられます。

 


毎日一定量が合成され、

それで足りない分が食事から摂り入れられ、

小腸から吸収されます。

 


毎日合成される量は

だいたい一定の量を保っていますが、

個人差があります。

 


人間の体にとって、

コレステロールは必要不可欠なものです。

 


細胞膜をつくる材料であり、

維持するうえでも必要です。

 


コレステロールが少な過ぎると、

細胞が壊れやすくなります。

 

コレステロールが低いと

脳卒中のリスクが高くなりますが、

血管の細胞が壊れやすくなるからです。

 f:id:go-tokita:20160531184437j:plain


また、

コレステロールは

性ホルモンの原料として

重要な役割を担っています。

 

 


コレステロールが不足すると、

免疫力が低下して

病気に対する抵抗力が弱くなったり、

神経の伝達に障害が生じたり、

消化不良を起こして下痢をするなどの

体の不調を引き起こす原因となります。

 


実際、

コレステロール値が低い人ほど

がんなどで死亡した人が多い

という調査はあとでお話ししますが、

数多く報告されています。

 


また、がんだけでなく、

うつ病との関連も指摘されています。

 

 

 

悪玉コレステロールも大事な役割をしている

以前は、

総コレステロール値240mg/dl以上が

高コレステロールの基準でしたが、

その後、

1996年には総コレステロール値

220mg/dl以上に数値を下げています。

 

 

その頃までは、

コレステロールは低ければ低いほど

いいといった認識があったのです。

 


また最近は、

コレステロールといっても、

みなさんご存知のように、

善玉コレステロール(HDL)と

悪玉コレステロール(LDL)があって、

総コレステロール値だけでなく

悪玉コレステロール(LDL)が

高いことが問題とされるようになっています。

f:id:go-tokita:20160531184552g:plain


日本動脈硬化学会では、

悪玉コレステロール(LDL)が

140mg/dl以上が高LDLコレステロール血症、

善玉コレステロール(HDL)が

40mg/dl未満が低HDLコレステロール血症として、

脂質異常症の診断基準のガイドラインにしています。

(2007年に日本動脈硬化学会では五年ぶりの改訂版を発表、LDLコレステロール140mg/dlを採用し、総コレステロールについては診断基準から除去)

 


このように、

LDLを悪玉コレステロール、

HDLを善玉コレステロールとして

単純に考えがちですが、

それは大きな間違いです。

 


HDLだけでなく、

LDLも大切な役割を担っているのです。

 


悪玉と言われているLDLですが、

血管を通じて体の組織に必要な

コレステロールを運んでいるのです。

 


逆に、

HDLは余分なコレステロールを

肝臓に回収する役割です。

 


つまり、

LDLは運び屋でHDLは回収屋。

 


回収するほうが

善玉ということになっているのですが、

コレステロールは体内で必要なものですから、

体の各組織に運ぶのも大切な役割なのです。

 


なぜ、

コレステロール値が高いのが

問題とされるかと言えば、

心筋梗塞の危険を重視する心臓の専門医

(動脈硬化学会など)の

側からの意見が強く反映されているからです。

f:id:go-tokita:20160531184617g:plain


しかし最近では、

日本動脈硬化学会も

2007年に多少基準を変更したように、

少しずつそうした見解は変わってきています。

 

 

コレステロール値が低いとがんになる危険が高くなる

実際、

最近ではコレステロール値が高いほうが

健康で長生きできるといった

さまざまな調査報告が出ています。

 


そのいくつかを紹介してみましょう。

 


大阪府での調査

(大阪府守口市民センターの辻久子氏らによる、1997年に同市で検診を受けた16,461人対象)

では、

高コレステロール血症については、

その因子がある人のほうが

五年後の死亡率はむしろ低く、

男性はコレステロール値が

低くなるほど死亡率が高くなっていたのですが

女性ではコレステロール値がもっとも低いグループと

高いグループで死亡率が高くなっていました。

 


そして、

「男女ともにコレステロール値が240~260mg/dlがもっとも死亡率が低かった」

と報告されています。

 

f:id:go-tokita:20160531184653g:plain


茨城県の調査

(40~79歳の九万六千人を対象に、五年間、コレステロールとがんの因果関係を追跡した調査)

でも、

「がんによる死亡は、コレステロール値が百六十雌未満でもっとも多く、二百四十唾以上でもっとも少なかった」

という結果でした。

 


さらに、

五万人を対象に六年間にわたって行われた「日本脂質介入試験」

(日本人の35~70歳の高脂血症患者を対象に、冠動脈危険因子の有無と冠動脈疾患発症率の関係を大規模かつ六年間にわたった調査研究)

というのがあります。

 


その結果をまとめると、

次のように言えます。

 


総死亡率がもっと割り少ないのは

総コレステロール値か200~279mg/dl。


・総コレステロール値が高くても低くても死亡リスクは高くなるが、低いほうがより死亡リスクが高くなる。


・総コレステロール値が低いほどがん死亡者が多くなる

・総コレステロール百六十mg/dl未満は二百八十mg/dl以上の約五倍。

 


さらにコレステロールが低下すると、

がんによる死亡が多くなることは、

いろいろと報告されています。

 

f:id:go-tokita:20160531184718g:plain


ミュンヘン大学医学部教授だった

ワルター・ハルテンバッハ

(コレステロールの欺臓』)は、

コレステロール低下薬の効用に関する

さまざまな調査研究をきちんと精査したのですが、

その調査結果は、

コレステロール低下薬の効能を示すどころか、

反対に次のことで一致していると言っています。

 


・コレステロールに動脈硬化や心筋梗塞の発症にまったく影響を及ほさない。
・高いコレステロール値は長寿とがん発生頻度が低いことの指標になっている。
・コレステロール値を下げることは総死亡率の上昇とがん発生率の増加をもたらす。

 

そして、

「コレステロールを下げることは無駄であり、健康を害し、時には致命的である」

とさえ言っています。

 


なぜ、

コレステロール値が低いほうががんになる危険が高く、

コレステロールが高いほうが健康なのかと言えば、

コレステロール値が高いほうが、

NK活性が高いからです。

 

 

コレステロール値が低いほど死亡率が高くなる

免疫力との関係では

コレステロール値と感染症に関する

調査研究があります。

 

 

アメリカ・ノースカロライナ州での

男性四万八千人の調査(一九七三~一九九三年)では、

コレステロール値が高いほうが、

肺炎とインフルエンザで入院する人の数が

少なかったと報告されています。

f:id:go-tokita:20160531184728g:plain


日本でも、

神奈川県伊勢原市の調査で、

悪玉と言われるLDLコレステロール値が

180mg/dl以上ならば、

肺炎が原因と考えられる呼吸器疾患による死亡率が

男性で三分の一以下、

女性で半分になったと報告されています。

 


こうした調査や動物実験でも、

LDLが高いほうが感染症での死亡率が

低くなることがわかっているのです。

 


いまの基準でも、

LDLコレステロール値が

140以上でひっかかってしまうのですから、

180以上ある人をわざわざ薬で下げてしまったら、

かえって感染症にかかりやすくしていることになります。

 


感染症は、

ヨーロッパでペストの流行によって

多数の死者を出したように、

歴史上、

人類が生きるうえで

大きな障害になってきました。

 


現在のように人類が長生きできるようになったのも、

いくつもの感染症を克服してきたからです。

 


しかし、

細菌の突然変異などによって、

いつ人類を襲い、

世界的流行が起こるかもわかりません。

 


そんなときに生き残ることができるのは、

コレステロール値が高い人のほうなのです。

 


さらに、

コレステロール値が低いと

脳卒中の危険が大きくなるのです。

 

f:id:go-tokita:20160531184809j:plain

 


それは、

コレステロール値が低下すると、

脳の血管にダメージを与えやすくなるからです。

 


前項で紹介した

大阪府守口市民センターの辻久子氏らの調査でも、

コレステロール値が低いグループが

脳卒中による死亡が多かったということです。

 


辻さんは、

「コレステロール値が40mg/dl上がると、脳卒中による死亡が約三分の二に減る可能性がある」

と言っています。

 


つまり、

コレステロール値が低いほど

がんになる確率が高くなり、

脳卒中など他の病気を含めて死亡率が高くなるのです。

 


がんももちろん怖いものですが、

脳卒中も一命をとりとめても

半身不随で寝たきりになったり、

認知症に結びついたりします。

 


また、

駅から飛び降り自殺をする人についての調査報告

(ある医大の研究者とJRの共同研究、対象年齢は五十五~六十歳の男性)

があります。

f:id:go-tokita:20160531184858j:plain

 


それによると、

ほぼ全員がコレステロールを

下げる薬を飲んでいたのです。

 


これは、

コレステロールが大幅に低下すると、

気力か低下してうつになることと

関係しているからでしょう。

 


このように、

コレステロールが低いほど死亡率が高くなり、

逆にコレステロールが高いほうが

長生きできるといういろいろな調査結果は、

日本だけでなく欧米でも発表されているのです。

 

総コレステロール値は三百mg/dl 以下なら放っておいていい

体のなかでもっともコレステロールが多いのが

脳で体内のコレステロールの

約四分の一が集中していると言われています。

 


そして、

脳細胞が全体のコレステロールの

20~30%をつくっています。

 


ですから、

コレステロールと脳の働きは

深く関係しています。

 


コレステロールが低いと、

気力が失われたりうつになったりするのは、

脳の働きが低下しているからと考えられます。

 

f:id:go-tokita:20160531184953j:plain

 


一般に、

頭の回転が早い人は

コレステロールが高いものです。

 


ですから、

脳の働きをよい状態に保つには

コレステロールはある程度高いほうかいいのです。

 


また、

コレステロールは

性ホルモンのもとになるものですから、

コレステロールが高いほうが

性ホルモンも高いのです。

 


私は

「スケベは長寿のもとだ」

という言い方をしていますが、

性的な活力は生きるエネルギーと結びつきます。

 


つまり、

コレステロールの高い人は、

頭の回転も速いし、

スケベ心もあるということです。

 


スケベと頭の良さは

比例していると思います。

 


「英雄、色を好む」

などという諺などは、

そのことをよく示しているでしょう。

f:id:go-tokita:20160531184354j:plain

 


歴史上、

偉業をなした人はだいたいスケベです。

 


ですから私は、

「心臓さえ悪くなければ、総コレステロール値は300mg/dlまでは心配ない」

と言っています。

 


実際、アメリカでは

「300mg/dl以下は放っておいても大丈夫」

とされています。

 


350mg/dl以上となると注意しなければいけませんが、

基本的にはコレステロールを下げる薬は

飲まないほうがいいのです。

 


240mg/dl程度で線引きして薬を使うと、

精力は減退し、

気分が落ちこんで、

うつになったりがんなどの病気になる

危険性が高くなるのです。

 


女性の場合、

閉経後はコレステロールが上がりますが、

220~240程度で線引きすると、

閉経後の日本人の女性は

みんな薬を飲まなければいけないことになります。

f:id:go-tokita:20160531185105j:plain


欧米人の死因の第一位は

心臓病(心疾患)ですが、

日本人の死因の第一位は近年、

圧倒的にがん

(悪性新生物。第二位の心臓病の約二倍)

です。

 


ちなみに、

第一位・悪性新生物35万2千人、

第二位・心疾患18万9千人、

第三位・脳血管疾患12万3千人

(厚生労働省「平成二十二年人口動態統計」より)

です。

 


日本人の場合、

欧米人と比べて心疾患が少ないのは、

摂取カロリーも低く、

米などの穀物や大豆食品を多く摂るという

食生活のせいもあるからなのでしょう。

 


日本人にとって問題なのは、

心臓病よりもむしろがんのほうで、

その点でも、

むしろコレステロールは

ある程度高めに維持したほうがいいのです。

 


これほど

コレステロールが高いのが悪いことだと言われ、

コレステロール低下薬がどんどん使われるのは、

コレステロールを下げる薬をつくっている製薬会社や

それに協力する医師、病院などにとって、

それが大きな利益になるからです。

 


スタチン類などのコレステロール低下薬は、

年間3千億円(2010年「週刊朝日」)

とも5千億円規模とも言われます。

 


さらに興味がある方は、

総コレステロール値が高いことや

LDLが悪玉コレステロールなどと言われてきたことが、

いかにつくられてきた話かということについて、

「コレステロール』

(ワルター・ハルテンバッハ著、大島俊三・小出俊子共訳/奥山治美監修、中日出版社)

をお読みいただけばわかります。

 

何もかもを鵜呑みにしていたら

自分の身体が逆におかしく

蝕まれていく可能性があります。

 

まったく正反対の意見を言う人の

話も聞いてみて、

総合的に最終的に

自分で判断するしかないのかもしれませんね。

 

f:id:go-tokita:20160531185135j:plain