読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

メタボと言われても、ちょい太目が長生きするらしい

スポンサーリンク

ちょい太めの人のほうが長生きする

いまは太っているとメタボと言われ

健康に悪いようなイメージが

定着してしまったようです。

f:id:go-tokita:20160616112521j:plain


また、

太っていると自己管理ができていないなどというのは、

日本もアメリカ的なビジネス社会になっているからでしょう。

 


そのため、

太り気味の人は肩身が狭く、

何とかダイエットしようと努力をしている人も多いでしょう。

 


もちろん、

見た目の美しさを求めて

ダイエットする女性は

相変わらず多いようです。

 


しかし、健康という面から見たら、

本当に太っていることが悪いことなのでしようか。

 


太っている人と痩せている人では、

多少太めの人のほうが

長生きする可能性は高いのです。

 

f:id:go-tokita:20160616112652j:plain

 


実際、

日本でも2009年に発表された

厚生労働省の研究班

(研究代表・辻一郎東北大学教授)の調査

(宮城県の四十歳以上の住民、約五万人の健康状態を十二年間にわたって追跡調査した結果)

でも、

四十歳時点で太り気味の人が

もっとも長寿であることがわかりました。

 


もっとも短命なのは痩せた人で、

太り気味の人より六~七年短命だったのです。

 


四十歳時点での余命が、

普通体重(BMI 18.5以上25未満)

で男性39.4年(つまり寿命は79.4歳)、

女性47.97年(寿命は87.97歳)なのに対して、

太り気味(BMI 25以上30未満)では

男性41.64年、

女性48.05年と長命でした。

 


女性はあまり変わりませんが、

男性は太り気味のほうが

普通体重よりも約2歳長生きというわけです。

 

f:id:go-tokita:20160616112745j:plain

 


さらに、

肥満(BMI 30以上)に分類された人はといえば、

男性が39.41年、

女性46.02年で、

男性は普通体重とほぼ同じで、

女性は約2年短命になっています。

 


もっとも短命だった痩せた人(BMI 18.5未満)は、

男性34.54年、女性41.79年と、

普通体重よりも男性で約5年(太めの人よりも約7年)、

女性で約6年も早死にすることになります。

 f:id:go-tokita:20160616143049j:plain

 

ちなみに、身長1.7メートルの男性とすると、

BMI 25は72.25キロ、

30は86.7キロですから、

40歳時点で72.25キロ~86.7キロが

もっとも長命ということになります。

 

 


かなり太めなことがおわかりでしょう。

 


これは40歳時点での体重を基準にしての調査です。

 

ただこの傾向は年齢を重ねても

それほど変わらないと思います。

 


メタボを気にしてダイエットをするほうが、

かえって危険なのです。

f:id:go-tokita:20160616112828j:plainf:id:go-tokita:20160616112833j:plain


もちろん、

あまりにも太り過ぎれば心臓に負担をかけますし、

動くだけで大変だというのではそれだけでストレスになり、

膝などの故障も起こしやすくなります。

 


歩くなど、

日常生活のうえで

何の困難もないという程度の太り方なら、

問題はないはずです。

 

好きなものを食べる

もちろん、単に太るのではなく、

バラエティのあるさまざまな食品を食べることが大切です。

 


栄養と寿命に関しては、

アメリカの栄養学者が、

なぜ日本人が一番寿命が延びたのかを調査しています。

f:id:go-tokita:20160616113014j:plain


彼らの結論は、

日本人の寿命が延びた主な原因は

バラエテイに富んだ食事を

するようになったことだろうというものです。

 


戦時中、

敗戦直後の日本人は食べるものに

事欠いていました。

 


主食のお米すら

きちんと食べられない人が

たくさんいました。

 


戦後の復興とともに少しずつ

食生活に困らなくなってきたものの、

昭和二十年代はまだまだ主食のお米に偏って、

肉類などは高級品でした。

f:id:go-tokita:20160612002027j:plain


それがどんどん豊かになり、

米だけでなくパンを食べたり、

卵、肉類、魚類など

なんでも豊富に食べることができるようになり、

料理も日本料理だけでなく

中華、イタリアン、フレンチ、エスニックなど

バラエティに富む食事をするようになりました。

 


同じ先進国で豊かなドイツやフランスも、

日本ほどは平均寿命が伸びてはいません。

 

f:id:go-tokita:20160616113103j:plain

 


それは、

豊かではあっても昔と同じものを食べていて、

バラエティに富んではないからとも考えられます。

 


ですから、

食事は好きなものを

あまりいろいろなことを気にせず

食べるのがいいのです。

 


ただし、寿司でもステーキでも、

好きなものを食べるためにはある程度、

経済的に豊かでなければならないということになりますね。

 


アメリカでも裕福な家庭では、

ステーキだけでなく、寿司を食べたり、

魚を食べたり、

非常にバラエティに富んだ食事をしています。

 


そこだけとれば、

日本人と同じようなものです。

 


そういう階層は

寿命が伸びているのです。

 


アメリカで平均寿命の足を引っ張っているのは、

経済的に下層にいる人たちです。

 


いまの日本は、

二極化とか不況が続いて経済的に大変だといっても、

食べものについては、

たいていの人は

食べたいものを食べることができるでしょう。

 

f:id:go-tokita:20160616143207j:plain


そういう意味では

恵まれているのではないでしょうか。

 

血圧は百八十以下なら気にする必要はない

コレステロール値と心筋梗塞は

ほとんど関係かありませんし、

血管を強くするには

コレステロールは絶対に必要なものです。

 


それでも、

血管障害が心配だという方は多いでしょう。

f:id:go-tokita:20160616113323j:plain

 


コレステロールを下げる薬とともに

医者からよく処方されるのは、

血圧を下げる薬です。

 


高齢になるにつれて

降圧剤を飲む方が多くなります。

 


たしかに、

血圧が高いと血管が硬くなりやすく、

破れやすくなります。

 


血管は水道のホースのようなものですから、

血圧が高いとどうしても硬くなりやすいものです。

 


多くの方が

最高血圧の数字(収縮期血圧)が

高いのを気にします。

 


いまはこの数字が

140mmHg以上

(ちなみに、その条件とともに、下の数字~拡張期血圧~が九十以上)

で高血圧とされ、

130~139は正常高値血圧

(日本高血圧学会の基準)とされています。

 


一般の人たちは、

この最高血圧の数字ばかりにとらわれます。

 


しかし、

これは運動をしたり怒ることで興奮したりすれば、

たちまち上昇して

200を超えてしまうこともあります。

 

f:id:go-tokita:20160616143306j:plain

 

 

正常血圧の数字は

20~30代の若い人を基準にしています。

 


年をとれば血管は弾力がなくなり、

血圧が少しずつ上がっていくのは

当たり前のことです。

f:id:go-tokita:20160616113356j:plain

 


ですから、

最高血圧にあまり神経質になる必要はないのです。

 


最高血圧140以上とすると、

2006年の国民健康・栄養調査によれば、

日本人の40~74歳で

男性は約六割、

女性は約四割が高血圧ということになります。

 

ちなみに、

日本人の平均血圧は60~69歳で

男性が140、女性が135、

70歳以上で男性、

女性ともに141(「高血圧治療ガイドライン2009」)です。

 

 

これは降下剤を飲んでいるかどうかは関係ないので、

飲んでいる人も含まれます。

 


上の数字が150~160程度ならば

平均よりは少し高い程度で、

それほど問題はありません。

 


どうしても

最高血圧ばかりに注目しがちですが、

最高血圧よりも気をつけなければいけないのは

最低血圧です。

 f:id:go-tokita:20160616143447g:plain


この下の数字は、

血管の柔らかさが

大きく反映しているからです。

 

 


下が100~110以上ある場合は

気をつけたほうがいいのです。

 

最高血圧については、

見直しがあるたびにどんどん下がってきたという経緯があります。

 

以前は150までは正常でした。

 

基準値を低くしておいたほうが

安全だということもあるかもしれませんが、

その裏には血圧降下剤を売りたいという

製薬業界などの意図があるのではないか

という見方もできます。

 


基本的には、

最高血圧が150以下であれば問題はありません。

f:id:go-tokita:20160616113439j:plain

 


年齢とともに上がるのですから、

高齢の方は150~160ならば

心配はいりません。

 


そんなことを心配するから、

さらに血圧が上がるのです。

 


下の数字が100以下ならば、

薬などは飲まずに放っておいて大丈夫です。

 


ただし、

上の数字は180レベルになれば

気をつけたほうがいいでしょうね。

 

どちらにせよ、

気にしすぎないこと。

適度な運動と、

美味しい食事で健康になれるはず。

f:id:go-tokita:20160605230742j:plain

 

今日も、美味しくビールを飲もう♪

f:id:go-tokita:20160616143535j:plain