読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

デブです。。メタボはどの程度気にするべき?

スポンサーリンク

ご自分のメタボ体型を気にされているあなたは、

どの程度の肥満体でしょうか?

 

f:id:go-tokita:20160526153248j:plain

 

少々太っているという程度なら、

むしろ長生きできるタイプかもしれません。

 


メタボリックシンドロームとは、

内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に

高血糖・高血圧・高脂血症のうち、

二つ以上を合併した状態をいいます。

 

日本では、

ウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)が

男性85cm女性90cmを超え、

高血圧・高血糖・脂質代謝異常の

3つのうち2つに当てはまると

メタボリックシンドロームと診断されます。

 

 

心臓病や脳卒中などの動脈硬化性疾患などを

招きやすいとされています。

 

f:id:go-tokita:20160515204938j:plain

心臓病と脳卒中は、

日本人の死因の1/3を占めます。

 

動脈硬化が原因となっていることが

多くなっています。

 

高血圧・喫煙・糖尿病・脂質異常症(高脂血症)

肥満などが危険因子としてあげられます。

 

 

f:id:go-tokita:20160525152120j:plain

 

 

2008年の四月からは、

「特定健診(糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査)制度」

が開始され、

40歳から74歳までの中高年の保険加入者を対象に、

健診の実施が義務化されました。

 


同時に、

メタボリックシンドロームの該当者や予備軍には、

特定保健指導を行なうことも義務づけられています。

 


しかし、みなさんもご存じのようにこの制度は、

検診内容の有意性と、

検診システムの煩雑さについて、

各方面から疑問が投げかけられており、

いまのところ、

国民に受け入れられているとはいえない状態です。

 

f:id:go-tokita:20160411151230j:plain


そもそも、

メタボリックシンドロームの定義自体、

国際糖尿病連合や日本肥満学会などの複数の学会が、

各学会の研究に準じたオリジナルの基準値を出しており、

ばらつきがあることも否めません。

 


たとえば、

日本肥満学会の基準のひとつである男性のウエストサイズは、

85センチ以下を正常としています。

 

f:id:go-tokita:20160423132536g:plain


しかし、

85センチとは男性の標準の寸法であり、

これを上限とするなら、

少しサイズアップするだけで、

男性はみんなリスクファクターを

抱え込んでいることになります。

 


こんなばかな話はありません。

 

f:id:go-tokita:20160411150306j:plain


たしかに、

標準を10キロ以上も上回るような

肥満にはダイエットが必要ですが、

現行の制度は、

もう少し成り行きを見守る必要がありそうです。

 

 

デブ度チェック・肥満度チェック

「私は年だから、もうダイエットなんて関係ないわ」

と言う、

中高年女性が多いことを

よく知っています。

 

f:id:go-tokita:20160417145928p:plain

たしかに年を取ってくると、

若いときのように肥満を気にする人は

ずっと少なくなります。

 

 

外見的にも、

枯れてくるというのか、

どちらかというと

やせ気味の人が多くなってきます。

 


しかし、

外見にだまされてはいけません。

 


隠れ肥満というのがあるのです。

 

f:id:go-tokita:20160417161008j:plain


やせ気味のおばあちゃんなのに、

内臓に脂肪がたっぷりついている。

 


こんな隠れ肥満の

お年寄りが少なくありません。

 


この隠れ肥満が

さまざまな疾病を招くことになるのです。

 


むしろ、中高年だからこそ、

肥満についてきちんと知っておくべきだと思います。

 


人間には、

人生において太る時期が

三回あるということをご存じですか。

 


一回目は、お母さんの胎内にいるとき。

 

f:id:go-tokita:20160417102916j:plain


とくに妊娠八カ月以降に、

お母さんがファストフードや

栄養の偏ったものばかりを食べていると、

生まれてくる子どもの

白色脂肪細胞が激増すると言われています。

 


二回目は、赤ちゃんが1~2歳の乳児期。

 

f:id:go-tokita:20160602163751j:plain


離乳食が始まり、

子どもの喜ぶままに甘いものをどんどん与えたり、

肉料理を多く摂らせてしまうと、

やはり白色脂肪細胞の増加を招くことになってしまいます。

 


そして三回目が、

小学校卒業後の13~14歳の時期。

 

f:id:go-tokita:20160602164236p:plain


ここで高たんぱく質,

高脂肪の食事をドカ食いすると、

体内の白色脂肪細胞が増え、

将来、太りやすい体質になってしまうのです。

 

でも、この時期のマクドナルドやミスタードーナツは

以上に美味しいですよね。

 

アメリカなら訴えたいくらいに

美味しいファーストフードが

憎いです。。。

 

f:id:go-tokita:20160602164304j:plain

 

f:id:go-tokita:20160602164409j:plain


われわれの脂肪細胞には、

今述べた白色脂肪細胞と、

褐色脂肪細胞があります。

 


肥満のもとになるのが白色脂肪細胞であり、

体を守り、

体温を維持してくれるのが

褐色脂肪細胞と呼ばれるものです。

 


「肥満は万病のもと」とも言われるように、

体重が増えると、

まず疲れやすくなるなどの

体の変調が現れます。

 


「疲れやすくなったな」などと感じたら、

ともかく体重を測ってみるといったことも

必要になってきます。

 


体重の増加を、

体の異変の予兆ととらえることは、

けっして大げさなことではありません。

 

中年期からの肥満は鬼門

肥満からの脱却を目指そうと一大決心をするとき、

たいていの人は、

運動することを思い立つはずです。

 


「若いころのように、運動をすればきっとやせられる」と。

 

f:id:go-tokita:20160602213726j:plain


ところが、

そうは問屋が卸してくれません。

 


それまで、

散歩のひとつも億劫がるような人が

(だから、太るのですが)、

「よし、明日からは毎朝、ウォーキングを日課にしよう」

などと意気込んでも、

三日坊主に終わるのは目に見えています。

 


問題はそれだけではありません。

 


たとえば「SMAP」が、

ステージで一曲歌って踊って消費するエネルギーは

どれくらいだと思いますか?

 

 

f:id:go-tokita:20160602213928j:plain

なんと、

たった角砂糖一個ぶんくらいなのです。

 


キムタクや中居くんが、

あれほど激しく動き回っても

せいぜいその程度なのです。

 

f:id:go-tokita:20160602214914j:plain


仮に、

あなたが四百キロカロリーを

余計に摂取してしまったとします。

 


そのカロリーを消費するためには、

あなたは90分のウォーキング、

あるいは六60分のエアロビクスに

励まなければなりません。

 

f:id:go-tokita:20160602214940j:plain


これからわかることは、

体重を運動によって元に戻すということは

とても大変なことだということです。

 


あなたの肥満度を

正確に把握するための簡単な指標としては、

「BMI(ボディ・マス・インデックス)」

をお勧めします。

 

こちらのサイトでは、

自分の身長と体重を入力すると

計算してくれます。

 

BMIと適正体重

 


もし、

あなたの数値が24を超えているようであれば、

生活習慣病予備軍として注意する必要があります。

 

 

f:id:go-tokita:20160602215039j:plain


ちなみに、

20代と40代を比べると、

肥満の割合は男性が二倍に、

女性ではさらに深刻でなんと

三倍に増えるというデータがあります。

 


肥満に関しても、

やはり40代は鬼門なのかもしれません。

 

長寿ダイエットの勧め

ダイエットとは通常、

体重を落としたり、

スタイルをよくするために、

カロリーや栄養成分の摂取を規制した食事法のことを言いますが、

この言葉は実はそれ以外にも、

いや、それ以上に大切なことを意味しています。

 


「ダイエットとは、健康のために食事の量や質を適切に摂る食事法」

だということです。

 


つまり、

長寿とダイエットは、

なんら矛盾しないのです。

 



長生きするためのダイエットを

心がけるようにすることか大切です。

 


長寿ダイエットを成功させるためには、

医学的には三つの基本があるそうです。

 

f:id:go-tokita:20160602215132j:plain

 

①塩分はほどほどにする

第一のポイントは、

味の薄いものをつくって

食欲を落とすということです。

 

 

そのためには、

食欲を増進させてしまう働きがある

塩分を少なめにすることがいちばん。

 


皆さんも経験があると思いますが、

ご飯茶碗だと一杯食べるのがやっとなのに、

おにぎりにすると軽く二個は平気で平らげてしまう。

 

 

これは、おにぎりを握るときに使う

塩分のなせるワザなのです。

 

f:id:go-tokita:20160602215203j:plain

②ゆっくり食べる

早食いの人は太っている。

 

これは、

もはや常識と言っていいでしょう。

 

 

早食いをすると、

脳の満腹中枢が満たされる前に

食欲のほうが勝ってしまい、

その結果、必要以上に食べてしまうというわけです。

 

 

時間をかけてゆっくり噛むことは、

消化をよくするためにはもちろん、

満腹中枢を早く刺激することになるので、

ダイエットには効果的。

 

 

食べ物一口ごとに最低でも30回、

できれば70回は噛んでください。

 f:id:go-tokita:20160602215232j:plain

70回も噛むと食べ物の味がなくなってしまいますが、

それでいいのです。

 


胃も腸も、負担は軽くなります。

 

 

③食べ物の半分を野菜に、さらにその半分を緑黄色野菜にする

おかずのバランス面から、

一日30品目以上の食材を摂ることが

生活習慣病を予防する第一歩だと言われていますが、

ダイエットの基本から言うと、

野菜を多めに摂り、

野菜に豊富に含まれているビタミン、

ミネラル、さらに食物繊維などがたくさん摂れる

食事を心がけるようにしましょう。

f:id:go-tokita:20160602215309j:plain

 

 

さらにダイエットのためには、

食事は一日三回きちんと摂ったほうが

やせやすい体質になることがわかっています。

 

 

 

ダイエットと言うと、

つい食事を抜くことを考えますが、

不規則な食事は

栄養が偏りがちになるので注意しましょう。

 


以上、

三つの基本を日々の食事の際に

しっかりと実践するようにしましょう。

 

 メタボは腸から変えていく

今、腸内細菌を増やしたり、

ビフィズス菌の効果がスゴイ!!

と話題になっています。

 

f:id:go-tokita:20160526160605j:plain

腸内細菌を移植すると、

痩せ体質になるって話も聞いたことがあります。

 

腸内細菌を改善してあげると

体質が変化し

あなたのメタボ体質が改善される可能性があります。

 

f:id:go-tokita:20160526153945j:plain

特に、

ビフィズス菌や抗酸化に良い酵素など。

良かったらチェックしてみてくださいね。