読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

免疫と興奮とリラックス

スポンサーリンク

免疫力と密接な関係があるのが自律神経です。
自律神経と免疫システムの白血球の関係から

「心と体」をつなぐ私の免疫理論が成立してきたのです。

f:id:go-tokita:20160402203834j:plain


このことを少し説明しておかないと、

お話していく生活習慣が、

なぜ免疫力を高めるのかわからないと思いますので、

ここで簡単に説明しておきましょう。

 

私たちの体は全身に神経系統のネットワークが張り巡らされています。


神経系統は、

手足など意識的に筋肉を動かせる

「随意神経系」と、

胃腸など内臓や血管のように意識して神経を動かすことができない不随意神経系である「自律神経系」

に分かれています。


自律神経系は、

私たちの体の働きを自律的にコントロールして、

ホメオスタシスを保ち、

健康を維持する役割を担っているのです。


さらに、

自律神経には交感神経と副交感神経という相反する働きをする

二つの神経があります宗一交感神経はエネルギーを消費する

体調のときに働く神経で、

興奮を支配器官に伝達し、

生体を活動的にします。


運動すると心臓の働きが活発になり、

呼吸も速くなります。


このときノルアドレナリンやアドレナリンが分泌され、

支配器官に作用します。

f:id:go-tokita:20160402204208j:plain


逆に、副交感神経は、

休んだり眠ったりするときに働く神経で、

アセチルコリンを分泌して支配器官に作用します。


心臓の働きや呼吸を穏やかにし、

胃腸など消化ぜんどう器官に対しては消化液の分泌を促し、

嬬動運動を活発にするなどし、

血管を拡張させ、

温熱発汗などを促します。

f:id:go-tokita:20160402204307j:plain


このように、

体の中のいろいろな細胞が

自律神経の支配を受けていることはわかっていましたが、

免疫系と関係があることを突き止めたのです。

 

それは白血球の中の穎粒球とリンパ球の割合を、

自律神経がコントロールしているということです。


この発見によって、

自律神経のバランスの乱れが免疫力の低下を招き、

それが病気の原因になるということが解明されました。


そのメカニズムとは二父感神経が優位になると

穎粒球がふ震え副交感神経が優位になると

リンパ球がふえるということです。


たとえば交感神経が優位になりすぎると、

穎粒球がふえすぎて体内の有益な常在菌までを攻撃し

化膿性の炎症を起こします。


また新陳代謝が促進されすぎて組織破壊が起こります。


副交感神経が優位になりすぎてリンパ球が過剰になると、

抗原に敏感に反応しやすくなり、

その結果アレルギー疾患が起こりやすくなります。


交感神経は興奮や活動性を高め、

副交感神経はリラックスさせる方向に働くのです。

f:id:go-tokita:20160402204347j:plain


昼間活動しているときは交感神経が優位に働き、

夜休息しているとき、

寝ているときには副交感神経が優位に働きます。


ストレスを感じると、

体が自然にリラックスすることを求め、

消化管を動かして副交感神経を刺激しようとします。


そのため私たちは無意識のうちに

食べ物に手を出してしまうのです。


これは、自然に体がバランスをとろうとするからです。
交感神経と副交感神経のバランスがとれることにより、

穎粒球とリンパ球の割合が正常に保たれて、

免疫力が適正に働きます。


それによって私たちは健康に生活できるのです。

f:id:go-tokita:20160402204419j:plain