読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

あなたの免疫力は大丈夫?

スポンサーリンク

免疫はカラダの自然な治癒力

人間が本来もつ力

人のカラダを病気から安全に守るしくみそれが免疫です。


免疫とは、

カラダに入ってきた外敵である

ウイルスや病原菌を攻撃して、

無害にしてしまう働きのことなのです。

f:id:go-tokita:20160413211844j:plain


免疫のメカニズムは誰にでも備わっているもので、

精密で巧妙にできています。


免疫は、体内に侵入した敵を攻撃するだけでなく、

監視したり、防御したり、

共存したりと、さまざまな役割をもつのです。


そもそも「免疫」という言葉は、

ある種の感染症に対する

「二度かかりなし」という意味で広く使われてきましたが、

今日では、生体防御反応のしくみとして理解されるようになりました。


さらに、感染症だけではなく、

アレルギーやがんなどの予防や治療などにも発展して研究されています。

 


かぜをひいたときにくしゃみが出たり…

熱が出るという経験がありますよね。


これは免疫による作用です。
外敵であるウイルスを外に捨てるための鼻水、

ウイルスに反撃をしているための熱なのです。

f:id:go-tokita:20160413211939j:plain
こうして薬を飲むことなくかぜが治っていく、

そんなカラダ本来がもつ治癒力が免疫なのです。

 

免疫力には個人差がある

しかし、同じかぜでも鼻水が出る程度で治ってしまうこともあれば、

熱にうなされて何日も寝込んでしまうこともありますね。


また、かぜをひきやすい人もいれば、

丈夫な人もいます。


これは、そのときの免疫のパワーや個人差によるものです。


免疫は誰にでもあるカラダの機能でありながら、

その能力には大きな違いがあります。


免疫力は、

老化やストレスによってダウンしやすく、

逆に笑うことでアップすることもわかってきました。

f:id:go-tokita:20160413212028j:plain


そして、もっとも注目されているのが、

免疫力には栄養の不足や過剰が大きな影響を与えているということです。


現在では、

各種の栄養素や食品成分が

免疫のしくみや能力に大きな影響を及ぼすこともわかってきました。


免疫のしくみを知って、

人間が本来もつ内なる治癒力を伸ばしていきましょう。

 

免疫力が下がるとヤバい?

免疫と病気の関係は?

なぜ免疫力が下がるといけないのでしょうか?

免疫とは「疫(=病気の意味)を免れる」という意味で、

文字通り病気からカラダを守るしくみのことをいいます。


免疫はかぜのようなウイルス性の感染症はもとより、

がんをはじめ、

多くの生活習慣病にもかかわっていることがわかってきています。

f:id:go-tokita:20160413212120j:plain

 


アレルギーや花粉症誌アトピー性皮肩炎なども、

免疫バランスの崩れが原因です。


たとえば、

同じ食事をとっても食中毒を起こして下痢に悩まされる人と、

元気なままでいる人がいますね。


この違いは免疫力が違うからです。
下痢を起こしてしまう人は免疫力が低く、

元気な人は免疫力が高いのです。


ほかにも、私たちは日々食物や紫外線、

ストレス、

ウイルスなどによって遺伝子が傷つき、

がん細胞ができています。


それでは、一体なぜ、

私たちはすぐにがんにならずにいられるのでしょう?

 

それは免疫細胞が、

がん細胞を監視してやっつけてしまい、

がん化を抑えているからなのです。

f:id:go-tokita:20160413212234j:plain
これまで発がんの原因は外から何か悪いものが入ってくる、

つまり発がんのきっかけはカラダの外からやってくると考えられてきました。


しかし、最近の研究では発がんの原因は、

カラダのなかにもあることがわかってきたのです曇免疫力には個人差があり、

しかも同じ人でも食生活やストレス、

季節などに応じて免疫力は変化しやすいものです。


高ければ健康を維持しやすく、

低ければ病気にかかりやすくなるのです。


このように、

カラダの外側からやってくる「悪もの」をはね返し、

カラダの内側にできてしまう

「悪もの」をやっつける力が免疫力なのです。


私たちが病気を予防し、

健康を維持するためには免疫力アップが欠かせないといえます。

 

f:id:go-tokita:20160413212321j:plain