読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

風邪が治りにくくて困っています

スポンサーリンク

風邪にも免疫が大いに関係しています。


風邪は免疫が高ければ治りやすいですが、

免疫が低下していると治りにくくなります。


風邪のウイルスを攻撃するのは、

NK細胞です。


この細胞が強ければ、

風邪が治りやすいことがわかっています。

f:id:go-tokita:20160413213537g:plain


NK細胞は、

年齢、精神的ストレス、

食べものが大きく影響します。


若くて元気ならNK細胞も活発ですし、

明るい気持ちでストレスの少ない生活を送り、

野菜や果物、穀類、

発酵食品を豊富に取りいれた食事を取っていれば、

NK細胞は活性化されるのです。


また、NK細胞には「日内変動」があることが知られています。


NK細胞の活性は、

朝の九時ごろと夕方の五時ごろ高くなり、

夜の九時ごろには低く、

眠るころにはさらに低くなります。


つまり、

風邪をひくのはだいたいが眠っているときなのです。


このリズムを崩すような生活をしていると、

免疫が下がり、

風邪にかかりやすくなるばかりか、

ひどくなるとがんのリスクも生じてしまいます。


風邪をひきやすい人や、

なかなか治らなくて困っている人は、

薬に頼るのではなく、

生活全般を見直し、

健康的なリズムに立て直すことが必要です。


なかには、

仕事などで夜遅くまで起きていなければならない人もあるでしょうが、

その場合は、きちんと栄養を取ったり、

ストレスをため込まないようにすることが大切です。


肉や魚に偏った食事や、

添加物が多い食品は、

免疫を下げることも知っておきましょう。

f:id:go-tokita:20160413213622j:plain


免疫の30パーセントをつかさどる精神面も無視できません。


「つらい」「だるい」などとクョクョせず、

栄養を取って体を温め、

「エイヤッ!」と気合いを入れれば、

乗り切れるときもあるはずです。

 

インフルエンザが怖い

今年に入って世間を騒がせている

新型インフルエンザはもちろんのこと、

人類は歴史のなかで、

ずいぶんとこのウイルスには苦しめられてきました。


ただ、インフルエンザに感染して重症化するかどうかは、

その人の体質や、

持っている免疫に左右されます。


インフルエンザウイルスは、

粘膜を通じて侵入します。


鼻、口はもとより、

目からも侵入のリスクがあります。

f:id:go-tokita:20160413213807j:plain


そのため、まずは手洗い・うがいの励行ばかりでなく、

栄養を通じて粘膜を強くしておくことが大切です。


粘膜を強くするのは、

ビタミンB1、B2、B12といったビタミンB群です。


これらが不足していると、

粘膜が弱くなり、

ウイルスや細菌に侵入されるリスクが上がります。


普段の食事を通じて、

これらの栄養素が不足しないようにしましょう。


ビタミンB1は、

豚肉、ウナギ、ボンレスハム、

玄米、旺芽米、全粒粉パン、

大豆などに豊富に含まれています。

f:id:go-tokita:20160413213841j:plain

 


ビタミンB2は、

牛・豚・鶏のレバー、

ウナギ、サバ、サンマ、

牛乳、納かき豆などに、

f:id:go-tokita:20160413213911j:plain

ビタミンB12は、牛・豚・鶏のレバー、

牡蛎、サンマ、イワシ、サバ、

ホタテ貝などに含まれています。

f:id:go-tokita:20160413214109j:plain

 


手洗いやうがいは、

殺菌成分のある石けんやうがい薬を使いがちですが、

これはかえって常在菌を減らしてしまうので、

よくありません。


常在菌が減ると、

皮膚や粘膜のバリアが弱くなり、

かえってウイルスや細菌の侵入がたやすくなります。


流水での手洗いや、

塩水や天然の殺菌成分、

カテキンが含まれるお茶でのうがいを心掛けるようにしましょう。

 

インフルエンザワクチンのしくみ

インフルエンザワクチンとは、

これから流行しそうなインフルエンザの型を想定し、

できるだけその型に近いものを弱毒化したものです。


これを注射によって植えつけることで、

人間の体に抗体をつくり、

インフルエンザへの感染を予防します。


インフルエンザウイルスは、

大きくA型、B型、C型にわけられ、

A型インフルエンザウイルスの表面には、

「HA(へマグルチニンヒという突起と、

「NA(ノイラミニダーゼヒという突起があります。


「H1N6」なら、

HAの第一番目、NAの第六番目として分類される突起をもつ、

という意味です。


現在のところ、

HAは一六種類、

NAは九種類あることがわかっています。


つまり、インフルエンザウイルスは

一四四種類あるということなのです。


ちなみに、

今回の新型インフルエンザウイルスの型は、

H1N1型です。


しかし、

このHAやNAという型は

非常に変異しやすいばかりでなく、

H1N1であれば、

それに合致したワクチンでないと、

効果は確実なものになりません。


ただし、型が近いところでは、

対抗できる力を示すワクチンもあります。


HAが合っていれば、

多少の効果があるといわれています。


一度インフルエンザウイルスに感染すると、

その人の免疫担当細胞は生涯そのウイルスを覚えていて、

二度目の感染を防いでくれます。


しかし、ワクチンの場合は、

生きたウイルスを使っていないため、

免疫担当細胞が忘れてしまいます。


再び流行した場合は、

追加免疫といって、

もう一度注射をする必要があります。


水ぼうそうやはしか、

おたふく風邪などは、

一度かかると免疫が記憶し、

再びかかることはありません。


ただ、これらの予防接種や、

ポリオ(小児マヒ)の予防接種の場合、

「生ワクチン」を使います。


これは、

生きたウイルスを弱毒化したものを利用するため、

免疫には終生記憶されるのです。


しかし、

ときにはワクチン接種によって

本当に病気にかかってしまうこともあり、

注意が必要です。

f:id:go-tokita:20160413214201g:plain


インフルエンザをはじめ、

地球上に存在する感染症すべてを撲滅することは困難です。


ですから私は、

免疫を鍛えて体質を強くするためにも、

多少の感染の経験は必要ではないかと思っています。


現在問題になっている新型インフルエンザは、

約七○年前に流行したロシアかぜと、

約九○年前に流行したスペインかぜと同じH1N1型なのです。


ですから、

当時感染した経験のある中高年の人たちの免疫には、

その記憶が残っており、

感染を防いでいます。


たしかに重症化して命が危なくなるケースもないとはいえません。
しかし、健康体の人であれば、さほど恐れるものではないのです。


新型を含め、

インフルエンザについては、

あまり過度の心配をすることなく、

普通に毎日を過ごしてはどうかというのが、

いいと思います。