読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

食欲を抑えたい!それは○○で変わります!

スポンサーリンク

食べすぎてしまう

「食べすぎはカラダによくないのよねえ」

と言いながら、

目の前に食べ物があると目と脳が反応して、

つい食べ物に手が伸び、

口にしてしまう日常。

f:id:go-tokita:20160525091736j:plain

 


わかっちゃいるけど、やめられない。

やめられない、とまらない・・・。


スナック菓子のコマーシャルのような

フレーズがアタマでグルグル回り出したら、

強いストレスの影が忍び寄ってきています。

 


なんでもかんでもストレスのせいにするのも

どうかと思うのですが、

これといった理由や原因が見当たらない場合、

たいがいはストレスです。

f:id:go-tokita:20160508111051j:plain


ストレスで便秘や下痢、

食欲不振になる人もいれば、

ストレスで食欲が止まらない人もいます。

 


過度なストレスはあらゆる形で出てくる、

やっかいな存在です。


同時にストレスとはじぶんの抱えた問題が

心身を通じて表面化しているにもかかわらず、

対処できず、問題解決に至っていない状態のこと。

 


満たされない状態が継続しています。


脳はこの辛い状態から逃れようと、

満たされない想いを満たす代償行為として、

おなかを満たす作戦に出ることがあります。


満腹感と満足感が似ているからです。


満腹はカラダが満たされ、

満足はココロが満たされます。


満たされない想いの代わりに

胃腸を食べ物で満たすのです。

f:id:go-tokita:20160525091932p:plain

 


しかも食べている間って、

食べることに集中でき、

抱えている問題と向き合わずにすむんです。


たくさん食べておなかが満たされても、

ココロは満たされないし、

テーブルに並んだ食べ物が胃袋へ消えても、

ストレスの原因となる問題が消えることはありません。

 


むしろ、

食べすぎによって腸の仕事(消化、吸収、排池)が増え、

負担がかかり、

免疫力の低下を招きます。

 


食べすぎはストレス解消どころか、

問題が何ひとつ解決されないまま、

腸ストレスと体重を増やし、

免疫力を下げる結果となる恐れがあるのです。

 


この残念な状況から脱出する方法は、

根本から取り組むこと。

 


すなわちカラダ(おなか)を食べ物で満たすのではなく、

ココロをリラックスで満たすことです。

f:id:go-tokita:20160525092105j:plain


満腹ではなく満足することです。


ココロが満たされれば、

必要以上に食べなくなるため、

ガマンせず食べる量が抑えられます。

 


おなかをもむことは、

食べすぎ防止の有効策なのです。


かく言うわたしも、

この方法でストレス解消とダイエットができました。

 


ストレスやイライラすることがあると、

ストレス解消とばかりにムシャムシャと食べる。


おなかいっぱいになるまで食べる。


食べすぎを後悔して少しの間辛抱するも、

それが余計にストレスとなり、

タガが外れたように食べる。


当然、太る。

f:id:go-tokita:20160525092259j:plain

 


太ったことと意志のよわいじぶんのことが

ストレスでまた食べる。


ストレスのせいにしては食べ、

消化不良と胃腸のくたびれで全身がくたびれる。

 


代謝が落ち、

疲労回復も遅くなって、

さらにくたびれる、太る。。。

 


残念スパイラルどころか、

残念アリ地獄の日々でした。

 


食べる量をコントロールするのが困難だったわたしは、

起床時や入浴中、就寝前、

ちょっとした時間を見ては

おなかをもむことにしました。

f:id:go-tokita:20160515140944p:plain


忙しくても、

それくらいならムリなくできます。

 


腸はもんだ分だけ柔らかくなり、

全身がポカポカに。

 


カラダに温かさと心地よさが拡がると、

ココロも落ち着いて安定してきます。

 


すると、これまで感じてきたイライラが減り、

食べて満たす行動にも走らなくなりました。

 


腸も仕事がしやすくなったようで、

排便の回数も量も増えて快調(腸)に、

体重もおだやかにスルーっと落ちたのです(半年で5キロくらい)。

 


ノーストレスで体重が減ったので、

リバウンドもありません。

f:id:go-tokita:20160417145607j:plain

f:id:go-tokita:20160417161223j:plain


食べすぎを抑止できるおなかマッサージは、

ダイエットしたい方にもオススメです。

 

やさしく食欲を抑えるデトックススープ

ゆっくりとした呼吸を繰り返しながら、

基本のおなかマッサージをすると、

リラックスできて、

食べたくて仕方がない、

食べないと気がすまない、

という食べることに対する

攻撃的な気持ち(欲求)が収まってきます。

 


食べたいという欲求がすっかりなくなっていれば、

食べないままで。


気持ちは落ち着いたけど、

おなかは減っているという場合は、

ガマンせず食事を摂ってください。

 


オススメは

野菜のイロイロ・キラキラ・デトックススープ。

 


冷蔵庫の一掃もでき、

ココロとカラダがスツキリと浄化できるスープです。

f:id:go-tokita:20160525091202j:plain


冷蔵庫にある野菜

(にんじん、玉ねぎ、パプリヵ、キャベツ、カボチャやトマトなど、あるものを)

をみじん切りにして、

お水にコンソメスープ、天然塩(または塩麹)、

コショウ、ちょっぴりショウガを加えて

煮込めばできあがりです。

 

塩麹が本当にオススメ!


小さく刻んだ野菜は

腸の消化・吸収を妨げることなく、

やさしく作用します。

 

味にパンチが欲しい方は、

ベーコンやハムをお好みで足してください。

 

具はとにかく小さく細かくすることが、

胃腸に優しい基本です。

 


立ちのぼる湯気と香りに包まれながらゆっくりいただけば、

カラダもココロもはっこりふくふくと温まります。

f:id:go-tokita:20160525091358j:plain