読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

免疫の基本はリンパ球

スポンサーリンク

健康で暮らせるか、病気になりやすいかどうかを分けるのは私たちの体の免疫力です。
問題は、その免疫力が気持ちの持ち方で変わるのかどうかです。
それについて触れる前に、最近では、「免疫」という言葉はだいぶ一般の人たちにも浸透してきてご存知の方が多いと思いますが、ここで簡単に免疫の仕組みを述べておきましょう。
免疫力は血液中の白血球が担っています。
この白血球のなかにはマクロファーか・りゆうきゅうジ、穎粒球、リンパ球があります。
健康な状態では、それぞれ約五%、約六○%、約三五%です。
マクロファージは進化の過程で最初にできた元祖白血球で、異物が入ると.すぐにその場にかけつけてそれを食べて無毒化します。
進化したマクロファージから機能が分化して穎粒球とリンパ球ができました。
マクロファージは、コントロ-ルタワーとして皇大きい異物には順粒球を寝順粒球が処理できない小さなものにはリンパ球を出すように指令します。
頼粒球はマクロファージの異物を食べる能力を受け継ぎ、さらに高めたものです。
細菌などの異物を飲み込んで処理します。
そのときに炎症を起こします。
同時に自爆して活性酸素を出します。
体には活性酸素を無毒化する仕組みがありますが、穎粒球が多くなり過ぎると、内臓や血管を傷つけることにもなり、がんなど病気を引き起こす引き金になります。
リンパ球は外から侵入したウィルスなど小さな異物を処理します。
そして異物を記憶して、二度と侵略されないように対処します。
これが「獲得免疫」と呼ばれ、一般には免疫と呼ばれるものです。
それに対して、免疫が残らない瓶粒球は「自然免疫」と呼ばれます。
さらにリンパ球は外から侵入した異物に対するだけでなく、がん細胞など、体内で生まれた異常細胞を処理します。
リンパ球にはT細胞、B細胞、NK(ナチュラル・キラー)細胞などがあります。
がん細胞をやっつけるということで注目されているのがNK細胞です。
ただし免疫の本体としては、NK細胞よりもT細胞とB細胞が多く、リンパ球のうち約八割を占めます。
T細胞は胸線で発達したもので、B細胞は、主に腸管系で発達した細胞です。
さて、問題なのは、これらのリンパ球の働きが、気持ちの持ち方次第で変わるのかどうかです。
T細胞やB細胞という免疫の本体は、そんなに簡単には動きません。
まずこのT細胞、B細胞についてお話ししておくと、T細胞やB細胞は、人間の体を国にたとえれば、国を守る軍隊にあたります。
生まれてきた赤ん坊は、T細胞やB細胞ができていないと、百日生きられずに死んでしまいます。
お母さんの栄養状態が非常に悪かったりして免疫に発育不全が起こる場合です。
アフリカなどの開発途上国では、赤ん坊が生まれて百日以前に死んでしまう例が多いのですが、それは栄養がよくなく、体を守る軍隊であるT細胞、B細胞のできがよくないからです。
百日参りというのがありますが、昔から生後百日、丈夫に育てば赤ん坊が健康に育つということが経験的にわかっていたのです。
つまり、それは赤ちゃんの体を守る軍隊がきちんと揃ったことを祝ったのです。
いまの日本では→豊かになり、母体の栄養状態がよくなり、新生児の死亡率は非常に低くなっています。
百日以降、その軍隊は、生涯にわたって大体安定した状態のまま続きます。

 

T細胞、日細胞は年齢にも気分にも左右されない

T細胞やB細胞といった軍隊はどのぐらいもつのでしょうか。
いくつぐらいまでもつかという計算があるのですが、おそらく人間が二百歳ぐらいまで生きても、軍隊はなんともないだろうということになっています。
T細胞やB細胞は、大変長持ちするようにできているのです。
脳や心臓の働きは、だいたい百歳ぐらいになるとガタガタになってきます。
ところが免疫だけは、それ以上にもつというわけです。
百歳の人にインフルエンザのワクチンをしても効果があります。
ワクチンの効果があるのは、百歳になってもT細胞やB細胞の働きがまだ活発だからです。
ワクチンとは、弱い病原体を体内に注入することで体内に抗体(病原菌などの分子?抗原?を認識して結合する働きを持つ)をつくって、感染症にかかりにくくすることです。
私はそれを、T細胞、B細胞といった軍隊に対する「軍事訓練」にたとえています。
たとえば、軍隊がある仮想敵国からミサイルが飛んでくるという仮定のもとに軍事訓練をします。
その訓練によって、実際に攻撃されたときに備えるわけです。
そうした軍事訓練に相当するのがワクチンです。
百歳でも百二十歳の人でも、軍事訓練の効果があるのです。
それは軍隊そのものが年齢にかかわらず、その力を保っているからです。
ですから、高齢になってもインフルエンザワクチンをしておけば、インフルエンザにかからずにすみ、死ぬ危険が小さくなるのです。
八十歳以上の人が多い老人ホームなどでは冬場、一番怖いのはインフルエンザです。
ですからみんなワクチンを注射します。
そのおかげでいまは多くの老人がインフルエンザで死ななくて済むようになっています。
それは、B細胞、T細胞という軍隊が九十歳でも百歳になっても、きちんと働いている証拠です。
そうした免疫の基礎は、簡単にはだめにならないのです。
軍隊にたとえているように、T細胞、B細胞はきちんと組織されているのです。
そして、軍隊のT細胞、B細胞は、ふだんは休んでいます。
敵が攻めてくる、つまり異物が侵入してくると、まずはB細胞がミサイルを撃ちます。
ミサイルに相当するのが抗体ですが、抗体タンパクをつくって飛ばします。
その攻撃で、かなりのウィルスはやられます。
しかし、敵をミサイルだけで全滅させることができるかどうかは疑問です。
敵を完全にやっつけるときに、地上軍のようなものが必要になります。
それがT細胞です。
つまり、B細胞がミサイルを撃ったあとにT細胞が出て行って、残った敵を全部殺してしまう。
このようにB細胞とT細胞の働きには違いがあります。
われわれが平熱の三六℃前後のときには、B細胞もT細胞も軍隊はみな寝ている状態です。
しかし、熱が三八~三九℃と上がると、非常時で軍隊が出てくるのです。

発熱というプロセスのときには、軍隊が動いているのです。
このように、T細胞やB細胞は年齢にも左右されません。
さらに、泣いたり笑ったりといった感情にも左右されません.ですから、精神的に暗くなっても、機能しなくなることはありません。
そこが大切なところで、まず免疫の基本です。
そして、ウィルスのような小さなものに対して、ものすごく利口にできているのです。