読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

ストレスとNK細胞

スポンサーリンク

NK細胞って?

T細胞、B細胞とともにリンパ球でもう一つ大事なのは、

NK(ナチュラル・キラー)細胞です。

 


NK細胞についてわかってきたのはつい最近ですが、

そのことについて詳しくはあとで説明します。

 

f:id:go-tokita:20160508110740p:plain


NK細胞は、

私たちの体に毎日できる異型細胞をやっつけてくれます。

 


私たちの体のなかでは

毎日約一兆個の細胞が新たにできますが

そのうちできそこないの

遺伝子の突然変異を起こした細胞(異型細胞)が

三千~五千個できるのですが、

それががん細胞です。


元気ならば、

毎日できるがん細胞は撲滅されて増殖されません。


がん細胞が増殖しないようにする役割を

担っているのがNK細胞です。

 


T細胞、B細胞を軍隊とすると、

NK細胞は町のお巡りさんです。

 


お巡りさんは、

日本の国が平和なときにも交番で頑張っていて、

私たちの生活の治安を守ってくれています。

 


近所を見回りして、

泥棒や悪さをする不良少年などを

取り締まってくれています。

f:id:go-tokita:20160508110821j:plain


異常な細胞は、

そんな不良少年にたとえられます。

 


お巡りさんが目をばっちり開いてきちんと見回っていれば、

近所に出てくる

不良少年(異常細胞)はそこでたたかれて、

消滅します。

 


ところが、

お巡りさんが歳を取ったりして弱ってくる、

すなわちNK細胞が弱くなると、

交番でちょっと居眠りしたりします。

 


居眠りしている間に

不良少年が徒党を組んで暴力団になってしまう。

 


それが、がんのかたまりです。

 


そのときには、

お巡りさんではどうしようもなくなります。

 

ですから、まだなんとかなる、

不良少年状態のときに、

がん細胞を一つ一つ、

たたくのが大事なことなのです。

 


NK細胞が元気であれば、

がん細胞が増殖することはありません。

f:id:go-tokita:20160508110939g:plain


つまり、がんになることはないわけです。


ところが、

NK細胞が元気なくなると、

がん細胞が増殖してしまいます。

 


つまり、発がんの流れになるというわけです。


このNK細胞が、T細胞、B細胞の軍隊と大きく違うのは、

年齢の影響を大きく受けることです。

 


軍隊であるT細胞、B細胞は百二十歳になってもなんともないのですが、

NK細胞は、動物実験では人の年齢にたとえれば、

十~二十歳のときにぐんと上がり、

六十歳以上になると、

どうしても下がります。

 


それを人の年齢にそのままあてはめるのは難しいのです。
なぜかといえば、

NK活性が低い人は六十歳くらいまでで死んでしまっていて、

六十~七十歳で生き残っている人は、

みんなNK活性が高いからです。

 

f:id:go-tokita:20160508111005p:plain


ですから、人間の場合、

動物実験のようなカーブは、

なかなか出てこないのです。

 


しかし、一般に人間でもほぼ六十歳以上になれば

NK細胞は年齢とともに下がると考えられます。

 


NK細胞は年齢の影響を大きく受けるのが、

T細胞、B細胞とは違うところです。
つまり、NK細胞は年齢とともに衰えやすいのです。

 

NK細胞はネガティブなストレスのときにがくんと下がる

もう一つ大事なことは、

NK細胞は心の動き逢精神状態の影響を大きく受けます。

 


NK細胞は、

ちょっとしたストレスで、

ドスンと下がります。

 


それに対して、B細胞、T細胞は、

ほとんど心の影響は受けません。

 


つまり、ストレスの影響はないのです。
ただし、栄養の影響が大きく、

栄養の低い人はB細胞、T細胞という免疫力が低いのです。

 


さて、ストレスといっても、

難局に自ら気力を持って立ち向かうときに

受けるようなポジティブなストレスと、

やむをえない状況で受ける

ネガティブなストレスがあります。

 


同じストレスといっても、

いいストレス、悪いストレスがあるわけです。

 


たとえば、

高校生は若いのでNK細胞の活性がもともと高いものです。


それでも、期末試験や入学試験など、

やむを得ないストレスを感じると、

NK活性がドンと下がります。

 


試験のときに風邪をひきやすくなるのは、

NK活性が下がってしまうからなのです。

 


もっとも強いストレスは、

動物実験では、子育てをしているラットから

子どもを取り上げてしまうことです。

f:id:go-tokita:20160508111037j:plain


すると、母ラットのNK細胞の活性が大きく落ちてしまい、

しばらく上がりません。

 


それは人間でも同様で、

母親が赤ん坊を失ったときのストレスが一番大きいのです。

 


このように、愛する相手を失ったときのストレス、

悲しみは、やむをえない

ネガティブなストレスの代表的なものです。

 


NK細胞は、精神的なストレス、

とくに悲しいストレスに非常に弱いのです。

 


また、元気なラットでも、

子どもを取り上げられた元気がないラットと一緒にいると、

元気がなくなるのです。

 


つまり、悲しんでNK活性が落ちている元気のない人のそばにいると、

それまで元気な人もNK活性が落ちてしまうということが考えられるわけです。

 


ですから、

落ち込んでいる人とはあまりつき合わないほうがいいのです。

f:id:go-tokita:20160508111051j:plain


それに対して、

たとえばゴルフでOBを出してストレスを感じても

「よし、次は何とかするぞ」

とアグレッシブにやる気があるときには、

NK細胞の活性が上がるのです。


ストレスといっても違うのです。

 

とにかくストレスは病気の基になりかねない、

とてもやっかいなシロモノです。

 

f:id:go-tokita:20160508111115p:plain

嫌な上司や、先輩などは

完全無視しましょう。