読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

病気にならないへポイントはどこに?

スポンサーリンク

「生きるということは、食べるということ」。


この事実を、

どのくらいの人が実感できているでしょうか?

 

食べることで活動エネルギーを生み出し、

なおかつ、古くなった体の一部を作り替える。

 


体は60兆あまりの細胞から成り立っていますから、

そうやって作り替えられているのは、

細胞自身です。

 


細胞は、

食べ物に含まれる栄養素を取り込み、

これをエネルギーに変え、

最終的には新しい自分(細胞)を生み出しているわけです。

 


この一連の流れを「代謝」と言います。
生きるということは「代謝」そのものであり、

この「代謝」がうまくいっているかぎり、

大きな病気にかかることはありません。

 


年相応に老いてはいっても、

肌ツヤの若々しさは保たれ、

エネルギッシュな毎日を過ごすことができます。

f:id:go-tokita:20160520211924j:plain


与えられた寿命のなかで、

いきいきと自分の持てる能力や個性を、

あますところなく自然と発揮していくことができます。

 


逆に、「代謝」がうまくいかなくなった時に起こる一連の症状が、

俗に言う「メタボリックシンドローム」です。


メタボリックとは「代謝」という意昧なので、

直訳すれば「代謝症候群」。

 


「代謝」の流れは、

ヒトのように進化した生物の場合、

口から入れた食べ物が、食道や胃、

小腸などの消化管を経て分解されて小さな分子になったところで、

次いで血管に取り込まれ、

そして細胞へと続きます。

 


胃や小腸などの”消化管”がメインストリートだとしたら、
血官は各家庭(細胞)へと

枝分かれしている一般道のイメージですね。


バラバラにされた小さな栄養素(ブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸など)が、

この一般道をったって全身の細胞へ届けられ、

各細胞内にある「解糖系」や

「ミトコンドリア」という工場で

エネルギーに変えられます。

 


また、栄養素のlつであるアミノ酸は、

このエネルギーを使って体の材料(タンパク質)に再生されます。


食べ物に含まれているタンパク質を、

体内に取り込みゃすいよう、

いったんバラパラに小さくしたものがアミノ酸。


このアミノ酸が、

細胞内で再び人間の体に適した

タンパク質に作り替えられることで、

新しい細胞が生み出されているのです。

 

メタボも、脳梗塞も「真の原因」は、このトラブルにあった!

もう1つ大事なのは、

バラバラにされたアミノ酸から

体の材料を作るには、

DNAという設計図が必要だという点。


このDNAは、

細胞内の核という容器のなかにあります。

f:id:go-tokita:20160519224835j:plain


父親と母親から引き継がれた、

あなたの姿形を決めている情報源です。

 

①DNAの情報をもとにタンパク質が合成され、新しい細胞が複製される。
①新しい細胞の複製のために、細胞自身がエネルギーを生み出している。
① エネルギーを生み出すために、食べ物(栄養素)が必要になる

 

こうして見ていくと、生きることは、

食べることそのものであることが、

よりイメージしやすいでしょう。

 


生物は、こうした「代謝」を、

もともと細胞単位で行なっていました。

 


たとえば、

アメーバやゾウリムシのような原初の生物は、

たった1つの細胞、

それ自身が栄養を取り込んでエネルギーを作り、

自己複製(細胞分裂)までして、

命をつないでいたわけです。

 


これが、たくさんの細胞が集まって

私たちヒトのような個体を形成するようになったことで、

消化器官や血管という流通システム

「代謝」が必要になりました。

 


それは生物の「進化」の現れですが、

よくなったことばかりではありません。

 


「流通システム」が複雑になれば、その分、

トラブルも生じやすくなるからです。

f:id:go-tokita:20160512143105j:plain


なかでも問題となるのは、

細胞に栄養を送り届ける

「血液のトラブル」でしょう。

 


メタボリツクシンドロームの診断基準では、

「高血糖」「高血圧」「脂質異常」「肥満」

があわさることで

動脈硬化のリスクが高まるとされていますが、

肥満以外はどれも血液系の疾患です。

 


そしてまた、日本人の3分の2は、

こうした血液のトラブルである、

脳機塞や心筋積塞で亡くなっています。

 


要するに、

どの病気も血流が滞って「代謝」がうまくいかなくなり、

新しい細胞が再生されなくなったということ。

 


最終的にほとんどの人が、

栄養素を細胞に送り届ける

「流通システム」が機能不全に陥るせいで、

亡くなっているのです。

 

なぜ免疫が進化したのに、病気が増えたのか?

これまでの栄養学では、

こうした食べ物と

「代謝(消化吸収ことの関係が

あまり重視されてきませんでした。


どんな栄養素がどれだけ含まれ、

それが体にどう作用するか?

どのくらいカロリーがあるか?

研究されてきたのは、食べ物の性質。
についてばかり。


それも大事ですが、

口に入れたあと、

その食べ物がきちんと栄養素に分解され、

きちんと全身の細胞に運ばれていかなくては意昧がありません。


じつはここが、

なかなか理屈通りにいかない部分なのです。


「流通システム」は、胃腸などの。
消化管と血管。


の2つに大きく分けられ、そのうちの1つ血管のトラブルは、

メ夕ボや脳梗塞などを引き起こします。

f:id:go-tokita:20160417161008j:plain

では、もう一方の消化管のトラブルは、

何を引き起こすのでしょうか?

 

食べ物に含まれる栄養素は、

口を通って小腸から血管に取り込まれますが、

この取り込み(消化吸収)がうまくいかなければ、

「代謝」そのものが成り立ちません。

 

ここで重要なのは、

「消化管の内側は、外の世界とつながっている」

という点です。


体の内部にあるので実感しにくいですが、

次ぺージのイラストのように、

消化管の内側はまだ外の世界であり、

食べ物は小腸から吸収されて初めて体内に入るのです。

 


もちろん、

体に害をなすものを入れるわけにはいきません。


そこで、

小腸の壁の一帯には無数の警備隊が待機しています。


この警備隊が、

血液成分の1つ、白血球です。


白血球は、

病原菌やウイルスを排除することで

流通システムを守る「免疫」の働きにあたりますが、

その仕組みは複雑で、

しょっちゅう誤作動を起こします。


巨大組織に属しているからといって

必ずしも優秀ではなく、

「誤認逮捕」もよくあります。


その結果引き起こされるのが

様々なアレルギー

(アトピー性皮膚炎、花粉症、食物アレルギーなど)です。


また、白血球は、

自身の体の組織を誤って攻撃してしまうこともあり、

これも様々な「自己免疫疾患」を引き起こします。


手足の関節が腫れて変形してしまう

関節リこうげんびょうウマチや、

複数の臓器が炎症を起こして

機能障害を起こす腰原病などがそうです。


アレルギーも自己免疫疾患も、

進化の過程で生物が巨大化し、

体を守る免疫の働きが複雑化することで生まれたもの。


進化することは複雑になることとイコールと言えますが、

生物的に見た場合、

じつは複雑になることで生じる害のほうが多いわけです。

 

広告を非表示にする