読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

サプリメントは 飲んだほうがいいのか?

スポンサーリンク

サプリメントは必要?

文明化された環境で生活している人ならば、

私はサプリメントを飲んだほうが

「お得」であると考えています。

 


しかし、

すべてのサプリメントではありません。

 


なぜなら、

都市生活を送るわれわれの体は

活性酸素の危険にさらされており、

それに対抗するための

「抗酸化力」が求められているからです。

f:id:go-tokita:20160612000603j:plain

 

私たちの体のしくみは、

一万年の昔と同じです。

 


しかし一万年前には、

活性酸素は人類の体のなかには存在しませんでした。

 


活性酸素は、

電磁波を浴びたり、

塩素消毒された水道水を飲んだり、

抗菌グッズに触れることから発生します。

 


活性酸素に対抗するためには、

緑黄色野菜をたくさん食べる、

アルカリイオン水を飲むなどの方法がありますが、

ここまでいろいろな

リスクファクターに囲まれてしまった現在、

それだけでは足りないというのが実情です。

 


体の抗酸化力を高めるのは、

ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEです。

f:id:go-tokita:20160612000632j:plain

 

f:id:go-tokita:20160612000640j:plain


いろいろなメーカーからサプリメントが出ていますので、

自分の生活に合ったものを選んで試してみるといいでしょう。

 


ただし、

飲むにあたっては注意が必要です。

 


ビタミンB群とビタミンCは、

水溶性のビタミンですので、

多少多く取っても尿で流れてしまうため、

心配はいりません。

 


しかし、ビタミンEは、

脂溶性ビタミンといって、

体に蓄積される性質を持ち、

尿から排出されることはありません。

 


ほかにも、

目の網膜色素の原料であり、

皮膚・粘膜を守るビタミンAも、

脂溶性ビタミンですので、

取りすぎると体に蓄積します。

 


また、妊娠初期に過剰摂取すると、

胎児に奇形が出ることも確認されています。

 


ですが、

体内で分解されてビタミンAになるβーカロテンの場合、

体が必要に応じて分解を進めるので、

β-カ口テンの過剰摂取で

ビタミンAの過剰症にはなりません。

 

f:id:go-tokita:20160612000754j:plain


必要以上に取ると

むしろ害になるサプリメントもありますので、

自分にはなにが足りないかを考え、

適量を守ることが大切です。

 

 

たばこを吸うならビタミンCは補ったほうがいいですし、

疲れがちならビタミンB群を取りいれるといいでしょう。

f:id:go-tokita:20160612000820j:plain


中高年にさしかかり、

血管の老化を抑えたいならビタミンEも有効です。

 


しかし、

なんでもたくさん取ればいいというものではありません。


日常生活でじゅうぶん足りている栄養素であれば、

余計に取ることは無駄であるばかりか、

体に負担をかけることにもつながります。

 


また、

新しい種類のサプリメントがたくさん開発されていますが、

評価がはっきりするまで、

口にするのは待ったほうが安心だと思っています。

 


ちなみに私はビタミンB群、C、Eとプロポリス、

ときどきウコンを飲んでいます。

f:id:go-tokita:20160612000856j:plain

 


昔から飲まれているものなら、

効果も証明されていて安心です。

広告を非表示にする