読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

適度な運動量ってどれくらい?

スポンサーリンク

人間が健康でいられるライフスタイルを追求すると、
一万年前の生活に行き着きます。


その基本は、
粗食と運動です。


人間の遺伝子は、
飢餓を乗り越えるために、
粗食に耐えて栄養をため込む省エネ設計になっています。


しかし、
現代社会はどうでしょうか。


利便性が追求され、
たいして体を動かすこともなく生活が回っていきます。


逆にいうと、
これほどまでに便利で体を動かさない環境では、
人間は健康を保ちにくいのです。


厚生労働省は、
「健康づくりのための運動基準2006」を発表し、
このなかで、
生活習慣病予防のために必要な運動量を紹介しました。


新しい運動の指標には、
「エクササイズ(EX)」という単位と、
「メッツ(METS)」という単位が使われています。


「エクササイズ(EX)とは「身体活動の量」のことで、
「メッツ(METS)とは、
「身体活動の強さ」を表した単位です。


座ってテレビを見ている状態は1メッツ
静かな立位は1.2メッツ
ゆっくり歩行は3メッツです。


エクササイズは、
このメッツに実施時間をかけて算出します。


強い身体活動ほど、
短い時間で同等のエクササイズになります。


3メッツの普通歩行なら、
一時間で3エクササイズとなります。


週23エクササイズは、
1日あたり3.3メッツの普通歩行で1日66分を7日間行なうことに相当します。


また、
エクササイズからはエネルギー消費量を求めることもできます。


エネルギー消普量は、「1.05×エクササイズ×体重」ですから、
ほぼエクササイズの体重倍が、
消費したカロリーになると考えてよいでしょう。


説明が長くなってしまいましたが、
厚生労働省が推奨する運動量は、
.週間に二三エクササイズ、
そのうち四エクササイズは活発な運動を含めましょう」というものです。


たとえば、
4メッツの速歩ウォーキングなら週に1時間、
1回20分の速歩ウォーキングにするなら週に3回、
となります。


ちなみに、
メタボリックシンドロームで内臓脂肪を減らしたい場合は、
週に10エクササイズの連動が推奨されています。


メッツの速歩で2.5時間ですから、
週に5回、
30分の速歩でいいことになります。

f:id:go-tokita:20160617153404j:plain


免疫学的に見ると、
アスリート並みの激しい連動は、
かえって免疫が下がることがわかっています。


免疫を高めるのは、
「気分がいいなぁ」と思えるレベルの運動です。


楽しければ継続も容易ですから、
まずはご自分のペースで、
できるところからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

のんびりいきましょう。

f:id:go-tokita:20160619221900j:plain