読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康本舗 最新健康法や最新健康食品情報

健康本舗は話題の健康食品や健康法、昔からの健康食などを徹底検証

検査で注意すること、しなくていいこと

スポンサーリンク

毎年行われる定期健診や人間ドックなどの

検査を受けている方も多いと思います。

f:id:go-tokita:20160712221901j:plain

 


そうした検査で、
何かの数値で引っかかるということがあるでしょう。


血圧についてはすでにお話ししたように、
正常値とは二十~三十代の人が基準になるので、
四十代以上の正常値というのはないのです。


まして、
六十歳以上の正常値ではありません。


たしかに、
二十~三十代で数値がひっかかってしまったら注意する必要はありますが、
四十歳以上であれば、
血圧については多少高くても心配ないことはすでにお話ししたとおりです。


けつとうち多少注意しなければいけないのは血糖値です。


慢性病で多いのは糖尿病だからです。


「糖尿病が強く疑われる人」が八百九十万人、
「糖尿病の可能性を否定できない人」が一千三百二十万人で、
合わせて全国に二千二百十万人いる(平成十九年の

国民健康・栄養調査による)と推定されています蓬歳をとればとるほどインシュリンの分泌が悪くなるので、
糖尿病も多くなります。


日本のようにどんどん寿命が延びて高齢者が多くなれば、
必然的に糖尿病患者も多くなるわけです。


がんが増えているのと同様です。


血糖値についてはへモグロビンA1Cは七が基準ですが、
それ以上の人は注意が必要ということになります。


四十代、
五十代でその数値にひっかかったら気をつける必要はあります。


というのは、
糖尿病が進行して症状が出てくるのは、
一般に十年以上経ってからだからです。


ご存知のように、
糖尿病には1型と2型があります。


1型糖尿病は、
自己免疫の異常が要因の一つと考えられていますが、
発症の原因はまだわかっていません。


すいぞう何らかの原因により、
膨臓のβ細胞(インスリンを分泌する)が破壊されて、
インスリンがほとんど分泌されなくなります。


それによって高血糖になり、
さまざまな合併症を引き起こします。


合併症には、
急性なものとして、
一時的に激しく高血糖になることによって

昏睡状態になる糖尿病性昏睡や急性感染症など、
慢性病としては、
心筋梗塞、
糖尿病性腎症、
糖尿病性網膜症などがあります。


1型糖尿病は子どもの頃からはじまることが多く、
インスリンを投与するインスリン療法が行われます。


日本では十万人に一・五人の発症率と数は少なく、
糖尿病患者の五%以下です。


遺伝の影響が大きいと考えられています。


一般に糖尿病と言われるのは、
2型糖尿病です。


日本では糖尿病患者の九五%を占めています。


インスリンの分泌量が少なくなる場合と、
インスリン受容体の数が少ないなどによって、
その働きが悪く、
筋肉などの細胞がブドウ糖をうまく取り入れることが

できなくなるのです。


そのために高血糖が起こるわけです。


2型の原因も詳しくはわかっておらず、
遺伝の影響も考えられますが、
むしろ食事、
運動、
ストレスなどの重複した影響によって起こると考えられています。


太った人に多く、
食事や運動によって改善することができます。


それでも改善しない場合には薬を処方され、
さらに悪くなるようだとインスリン注射が行われます。


糖尿病が怖いのは、
症状が出ないまま放っておくと合併症を起こすことです。


糖尿病がひどくなると免疫力も下がりますが

免疫力を上げれば糖尿病になりにくいということにはなりません。


おおざっぱにいって、
メタボなどもそうですが、
代謝疾患に関しては、
免疫力が上がったらなりにくいとは言えません。


三大合併症と言われているのは、
糖尿病神経障害、
糖尿病網膜症、
糖尿病腎症です。


糖尿病神経障害とは蔓手足などの

末梢神経の障害と心臓、

血圧や胃腸の動きを司る自律神経の障害が起こります。


手足の末梢神経障害の症状の出方は、
手足のしびれ、
けがをしてもその痛みに気づかないなど、
さまざまです。


そのほかに筋力の低下、
筋肉の萎縮、
胃腸の不調、
立ちくらみ、
発汗異常、
インポテンツなどといった、
さまざまな自律神経障害の症状も現れます。


糖尿病網膜症とは、
目の底にある網膜の血管が悪くなって視力が低下し、
悪化すると失明する危険もあります。


また、
白内障になる人も多いといわれています。


糖尿病腎症とは、
尿をつくる腎臓の糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、
だんだんと尿をつくることができなくなります。


初期は症状がないのですが、
腎症が進むと全身に浮腫が起こり、
さらに、
胸水や腹水が生じ、
体を動かすと息切れや胸苦しさ、
食欲不振などの症状が出ます。


悪化すると人工透析を行わなければならなくなります。


いま説明したように、
糖尿病が進行するとさまざまな合併症を起こします。


ですから、
六十代までは糖尿の検査数値については、
きちんと見ておいたほうがいいでしょう。


血糖値が引っ掛かっても、
運動を心がけ食事に注意すれば、
たいていは薬に頼らなくても血糖値は下がります。


運動もせずに食事も注意しないとなると、
数値が高くなって薬に頼らなくてはいけなくなってしまいます。


ですから、
六十代くらいまでは定期的に検査をしてもいいでしょうが、
七十歳を過ぎたら、
やってもやらなくても関係ありません。


六十歳以上になれば、
いろいろな検査数値が健康の範囲から外れて当たり前なのです。


むしろ、
その歳になったら外れていたほうが長生きするくらいです。


まして七十代、
八十代の人は、
標準の数値から外れているに決まっています。


七十歳以上になったら、
血糖値も気にすることはありません。


よくPSAという前立腺がんの検査を

医者から勧められるかもしれません。

 

 

そんなことはやってもやらなくても寿

f:id:go-tokita:20160712221952g:plain

命は変わりません。